ENTRY

People 02

現場のために、
尽くせることは何だろう。

全社を動かすプロジェクトのリーダーに。

ネットワーク戦略担当のミッションは、全国の配達業務を日々データ化、分析し、サービス向上への改善提案をすること。私自身が今、任されているのは「作業確認カメラ導入プロジェクト」です。営業所全店の作業場に複数のカメラを設置し、セキュリティ強化と作業品質の向上を図るプロジェクト。入社2年目でリーダーを任されました。ヤマトグローバルエキスプレスは、若手にも大きな仕事にどんどん挑戦させてくれるんです。各営業所の作業場の見取り図を取り寄せ、専門会社とともに1カ所ずつ設置箇所を洗い出す。もちろん現場にも足を運び、自分の目で確認し、決定する。そして企画実現のために、経営戦略会議で、経営陣を前にプレゼンする。みずから会社を動かしていく仕事を経験することができました。

現場を知っているから、現場で活きる支援ができる。

今、本社でまさに「会社の頭脳」として、現場を支援する仕事をできているのがすごくうれしい。ヤマトグローバルエキスプレスはどんな価値をお客様に提供すべきなのか。お客様との接点の要となる営業所のために、本社は何をすべきなのか。そんなことを考える時にいつも役に立っているのは、入社1年目の営業所での経験です。セールスドライバーと一緒にトラックに乗り込み、お客様を回ってサービスを紹介する。担当エリアにどんな企業があるのかを情報収集する。そしてセールスドライバーとの信頼関係を深め、連携を強めていく。そんな実体験があるから、現場で活きる戦略や施策を考えることができるのだと思います。組織の垣根を越えてお互いを理解し合い、助け合う文化がある。そこがヤマトグローバルエキスプレスのいちばんの魅力ですね。

ある1日のスケジュール

8:30
出社・朝礼
8:45
前日の全社サービスレベルの確認・配信
毎日欠かさず、配達業務をデータ化。配達状況を「可視化」します。
9:30
進行中のプロジェクトの打ち合わせ・資料作成
「作業確認カメラ導入プロジェクト」の会議。私が中心となって進めます。
12:00
昼食
13:00
部内ミーティング
現在進行中のプロジェクトの報告だけでなく、さらなる配達品質向上のための改善提案もします。
15:00
現場視察・打ち合わせ
営業所を回り、カメラ設置について取引先や営業所メンバーと話し合います。
18:30
退社・部内のメンバーの誕生日会へ

これまでのキャリア

2015年入社
関西主管支店 吹田営業所に配属。
2016年
本社 ネットワーク戦略担当に。現在に至る。

所属は取材当時。