ヤマトグローバルエキスプレス

医療機器・検体ソリューション事例

医療機器販売代理店様支援のための
早朝一括納品
メディカル専用ハブとルート便の利用でメーカー様から代理店様への直接配送を実現

 医療・医薬品業界における「スピード」と「正確性」は、人の命にかかわる重要なファクターです。手術に使用されるカテーテルなどの医療機器は、メーカー様で行き先ごとに梱包され、運送会社による集荷後、各地へ仕分けを行い物流ネットワークを経由して、全国の販売代理店様へと届けられます。しかし、医療・医薬品について発生する多くのリスクは、この通常の輸送フローに起因するものでした。

医療機器メーカー様の取り組むべき課題

 介在する人が増えれば、その分だけリスクが発生する確率が高まります。仕分けミスや、貨物の損傷、配達遅延など、その多くが人為的ミスによるもので、代理店様にとっては顧客である病院の信頼を損なう大きな問題でした。通常の輸送プロセスでは人の介在を少なくすることが難しく、ましてや代理店様の早朝納品のニーズに対応することは不可能なことでした。

課題1:輸送プロセスにおける人為的ミス
仕分けミスや貨物の損傷、配達遅延など、人に起因するリスクの発生。
課題2:求められる納品ニーズに対応できない
通常の輸送プロセスでは、早朝納品など代理店様のニーズに対応できない。
輸送プロセスにおける人為的ミスと求められる納品ニーズに対応できない
ヤマトグローバルエキスプレスからのご提案

ヤマトグローバルエキスプレスからのご提案

提案1:羽田クロノゲートメディカルハブでの運用
メディカル専用の物流施設で、集荷から発送までを一括運用。
提案2:メディカル専用ルート便の活用
メディカル専用の輸送網で代理店様に直接配達することにより配達レベルを向上。

多くの人の手や物流施設を介在していた従来の輸送プロセスに代わって、当社の羽田クロノゲート内にあるメディカルハブですべてのプロセスを実施。メーカー様からは仕分けをせずに一括で集荷し、メディカルハブ内において代理店様ごとの仕分けを行います。人の手を介するシーンを可能な限り減らし、貨物の損傷を防ぐと同時に、厳格なチェック体制により仕分けミスも防止します。
メディカルハブからはメディカル専用のルート便を利用し、各代理店様への一括配達を実現。専用ルート便の活用により、朝7時台からの早朝納品や、複数メーカー様から送られてきたお荷物をまとめて納品するなど、配達品質のレベルをアップし、代理店様の業務負担を軽減することが可能になりました。

医療機器・検体事業者様にご提案できるその他の機能

  • 貨物トレース機能
  • 専用資材による高品質輸送(誤仕分、誤配達、損傷のリスクを防ぎます)
  • 病院への直接納品(代理店を経由せずに納品します)

この事例のソリューションは、以下のようなビジネスのお客様にも応用が可能です

  • 物流に関わる付帯業務を軽減し、営業担当者の営業時間を確保したいお客様
  • 荷物損傷、配達遅延等の事故を削減したいお客様